2009年05月11日

今までご愛読いただきありがとうございました。

 1年と数ヶ月にわたりコラムの掲載を行って参りましたが、今回でコラムの掲載を一旦終了させていただきます。突然で申し訳ないのですが、日々の実務が多忙で原稿を書く時間が取れなくて・・・。今後はより実践的なお話をしていければと思っていただけに残念です。

 最近は行政書士が人気資格ランキングでベスト3に入るくらい世間的にメジャーな資格となりました。私が開業した7年前は「行政書士?」「なにやっているの?」と言った質問を必ずされましたが、今では世間的にだいぶ認知され、おかげであまりそのような質問はされなくなりました。

 私はTAC行政書士講座の実務家セミナーで講演の依頼を受けます。そこで私が必ずセミナー参加者にお伝えすることがあります。それは『行政書士が書類作成をするのは依頼された仕事の全体の1割から2割、後の残りはコンサルティングです!』と発言します。
 民法や各種法律・法令がありますが、その法律に則って相談者が望むことを実現できるか否か判断する必要があります。
 相談者から話を聞き、「問題点はどこか?」「法律的には問題ないか?」「過去の事例はどうだったか?」など総合判断して的確な助言・アドバイスをするのが我々の仕事と言い切っても過言ではありません。

 前回までお話してきた相続では、「法律上相続権はあるのか?」「遺言の法律要件は満たしているのか?」「相続手続き上問題はないのか?」など相談者の個々の事情を考慮して的確な判断をしなければなりません。例えば、相続権のない人が相続財産をいくら主張しても無意味ですし、法律要件を満たしていない遺言書を、亡くなった母の気持ちです!!と主張しても認められません。

 我々法律家は、相手の話と要望を聞いてそれが法律的に解決できるか否かを判断して行動します。知的な頭脳とすばやい行動力がないとこの仕事は務まりません。我々に相談・依頼をする方々は困っている人がほとんどです。手続きが良く解らない、法律が難しくてよく理解できないなど・・・
 そんな人々の力になり社会貢献できる仕事が行政書士の仕事です。これから行政書士を目指される方は是非とも合格してこの世界に飛び込んできて下さい。

 改めて、今までつたない私のコラムをご愛読いただきありがとうございました。それでは、またお会いする日まで。



QRコード
QRコード