2008年04月

2008年04月30日

【税理士ブログ】2008年4月アップ分

【2008年4月11日(金)】アップ分
○野々村税務会計事務所(大阪府 大阪市北区)
 「 会社の利益と社長のお小遣い
 〜役員報酬ホントはいくら?〜その 」

○神原信行税理士事務所(千葉県 千葉市緑区)
 「 ダンプの運チャン・・悶々の一週間 」

○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 売上や経費の計上は「期ズレ」に注意 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「ハイカラ串家ちょっとら 麹町店」 」

  
【2008年4月14日(月)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 減価償却制度が抜本的に見直されました-1 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「オーグードゥジュール」 」

  
【2008年4月15日(火)】アップ分
○土田総合会計事務所/株式会社ビジネス・リーフ
  (東京都 千代田区)
 「 中小企業での決算とは何をすることか 」

  
【2008年4月16日(水)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 執行役員就任時の退職金処理 」

  
【2008年4月17日(木)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 減価償却制度が抜本的に見直されました-2 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「サマーフィールド」 」

  
【2008年4月18日(金)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 ご用心!売掛金にも時効があります 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「Brasserie DUO」 」

  
【2008年4月21日(月)】アップ分
○野々村税務会計事務所(大阪府 大阪市北区)
 「 会社の利益と社長のお小遣い
  〜役員報酬ホントはいくら?〜その 」
  
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 交際費は消費税の課税仕入れになるか? 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「シェ・リュイ ハナコウジ店」 」

  
【2008年4月22日(火)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
「通勤手当」として支払われていない通勤費用について
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「稲ぎく 半蔵門本店」 」


【2008年4月23日(水)】アップ分
○土田総合会計事務所/株式会社ビジネス・リーフ
  (東京都 千代田区)
 「 3月決算はなぜ多いか 」

○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 蔵から「お宝」を発見したときの相続税 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「HEARTS」 」


【2008年4月24日(木)】アップ分
○野々村税務会計事務所(大阪府 大阪市北区)
 「 会社の利益と社長のお小遣い
  〜役員報酬ホントはいくら?〜その−1 」

○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 新・会社法における各種書類のひな型 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「すわ庵 貝坂店」 」  


【2008年4月25日(金)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 信用保証協会の保証割合が80%に 」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「おがわ」 」

  
【2008年4月28日(月)】アップ分
○神原信行税理士事務所(千葉県 千葉市緑区)
 「 時価とはなにか?――またまた悶々とした日 」

○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 景気回復時に起こる倒産-1  」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「麹町カフェ」 」

  
【2008年4月30日(水)】アップ分
○浦田泉税理士事務所(東京都 千代田区)
 「 「リース取引き」が「売買取引き」に  」
 「 オススメ店(東京都千代田区)
  「半蔵門シェリフカノン」 」


▲税理士ブログのトップへ戻る


オススメ店「半蔵門シェリフカノン」        (東京都千代田区)

浦田泉税理士事務所 (東京都 千代田区)
------------------------------------------------

オススメ店
「半蔵門シェリフカノン」
(千代田区一番町)

 半蔵門駅から歩いて5分くらい、英国大使館の裏手にある洋食のお店です。通りに面しているのに閑静な雰囲気が漂う一角に佇む、家庭的な雰囲気のレストラン。30人ほどが入れそうな大きくもなく、小さくもない店内は○○料理の店、という厳めしい感じではなく、肩肘はらずにくつろげる空間、といった感じです。
「半蔵門シェリフカノン」(浦田先生)
 オススメのランチはロールキャベツ。つけあわせのサラダ(キャベツたくさん)の後にロール「キャベツ」は失敗だったか、と思ったのもつかの間、出てきたものは巨大な1個もののロールキャベツ(?!)という予想外の展開。
 早速切ってみると、ナイフの通りがよく思いのほか食べやすくてびっくりしました。シャキシャキの食感を楽しんだサラダのキャベツと違って、こちらのキャベツは柔らかく、お肉もジューシーでこれぞ洋食の王道、といった雰囲気。お肉の中に少しだけ入っているコンビーフがアクセントになっていて、ロールキャベツとしてはどうなんだろう?という大きさにも関わらず、まったく飽きずに気づいたら完食していました。
 ロールキャベツは家庭でも作りますが、この味(と大きさ)はちょっとまねできませんね(^_^)。

 店内には落ち着いた雰囲気のモノクロの絵(墨絵のようです)や、お店の名前「SHERIFF CANON」と書かれたかわいらしい絵が飾ってあります。こういった小さなところも、くつろぎの空間を作り出す、心憎い演出だと思いました(^_^)。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京 税理士 浦田先生    浦田泉税理士事務所
      浦田 泉 税理士
     東京都千代田区二番町
     1−2 番町ハイム218
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

tacpronet at 12:48 この記事をクリップ!

「リース取引き」が「売買取引き」に

浦田泉税理士事務所 (東京都 千代田区)
------------------------------------------------

「リース取引き」が「売買取引き」に

 今年の4月1日以降、いままで賃貸借取引き(リース取引き)とされていた所有権移転外ファイナンスリース取引きについて、その大半が売買取引きとして取り扱われることになります。

 リース期間内の解約ができないリース取引きのことを「ファイナンスリース」といいます。そのうち、リース期間終了後、または中途で借り手に所有権が移転されず、リース総額や賃貸借期間が売買(償却資産)における購入総額や償却期間と大きく変わらないものを「所有権移転外ファイナンスリース」といいます。

 所有権移転外ファイナンスリースという難しい名前のため「うちには関係ない」と思う方が多いかもしれませんが、実は企業が利用しているリース取引きのほとんどが所有権移転外ファイナンスリースなのです。


 これが「売買取引き」とみなされることになると、一旦、リース資産を資産に計上し、減価償却処理を実施することになります。

 この際の減価償却は、償却期間をリース期間とし、残存価額を0とする「リース定額法」で行うことになりますので、各期ごとの必要経費の額は賃貸借取引きとそれほど変わらないと思われます。

 また、利子分については、別途、利息法または定額法で処理する必要もあり、事務処理としては少々面倒になります。

 ただし、以下のいずれかのケースに該当する場合、従来の賃貸借処理も認められています。

 1.リース期間が1年未満のリース契約
 2.リース料総額が300万円以下のリース契約
 3.中小企業が締結するリース契約

 というわけで、中小企業であれば、今までどおり賃貸借で処理できます。

 しかし、この場合でもそのリース取引きが売買取引きとみなされることに変わりはありません。

 そのため、消費税については従来の賃貸借料発生ごとの処理から、リース取引き開始時の一括処理になります。

 分かりやすくいうと、リース取引き開始時にリース料総額に係る消費税額を一括して仕入税額控除できるということで、上手く利用すれば消費税の節約になります。

 リース取引き開始時に消費税額を算出するためには、従来と異なる仕訳処理が必要になりますからご注意ください。

 ちなみに、この取り扱い変更は、平成19年度の税制改正で定められたものなので、国会審議中の平成20年度税制改正関連法案の成立有無とは関係なく適用されます。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京 税理士 浦田先生    浦田泉税理士事務所
      浦田 泉 税理士
     東京都千代田区二番町
     1−2 番町ハイム218
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

2008年04月28日

時価とはなにか?                  ――またまた悶々とした日

神原信行税理士事務所 (千葉県 千葉市緑区)
------------------------------------------------

時価とはなにか?

 私が昔、大手商社でアルミニュウムを輸入していた時代のこと。
 商品はなんでも良いのですが、輸入ということは、相手の国があります。
 本件の場合、豪州でした。要するに、豪州国にしては、輸出する価格がいかに設定されるかで豪州国で合弁企業をやっている日本企業にたいする法人税がどうとれるかにかかっています。
 この合弁企業のアルミニュウムのコストは$1000(トン当り、以下同じ)ですから合弁企業はこれに適切な利益を乗せて、たとえば20%で$1200で日本向け輸出すればOKです。
 ですがその時、国際的な時価と思われていた価格がLME(ロンドンで相場があったアルミニュウムの毎日動く価格―まだ当時は投機的な価格という説もあった)でした。
これが$1500。
 豪州サイドはこの1500が時価であって、これが適正な輸出価格であると主張。
 一方、日本ではこのLMEはまだ投機的な動きの激しい価格で時価とみる人も多数派ではありませんでした。
 豪州税当局との交渉が始まった。私の会社の上層部からの指示は$1200即ちコストプラス適正利潤(当然これで現地合弁企業が経営できる、余分な法人税も払う必要なし)。豪当局は当然$1500。
 またこのとき、アルミニュウムを日本に輸入する際、売れる価格は、$1500でなく、1200−1300という背景もあった。むしろこれがおおきかった。
 ここから、私の悶々とした日が始まった。

 結論から言うと、当時の日本通関実績価格を客観的指標として豪当局に提示し、理論構成も十分やり、認められた。
 $1300で。

 なにが言いたいか?時価はなんとでもなるということです。

税理士 神原信行

            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
神原税理士
    神原信行税理士事務所
    神原 信行 税理士
    千葉県千葉市緑区おゆみ野
    4−11−6

   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

オススメ店「麹町カフェ」              (東京都千代田区)

浦田泉税理士事務所 (東京都 千代田区)
------------------------------------------------

オススメ店
「麹町カフェ」
(千代田区麹町)

 半蔵門駅の出口近くにあるカフェです。歩道から少し見上げると見える黄色い旗が目印です。
 店内は木のテーブルと椅子を中心に、モダンなソファも置いてある趣味のいいカフェそのもの、といった雰囲気。オープンキッチンをはさんだカウンター席には、大きな木の器が無造作に置いてあり、中に新鮮そうな野菜が・・・。見ているだけで野菜が食べたくなるのが不思議です。
「麹町カフェ」(浦田先生)
 和牛と季節野菜のボロネーゼフェットチーネ(ミートソースのパスタ)を頼みました。まず驚くのがゴロゴロ入っている野菜のボリューム。シャキシャキした食感がいい感じです。ミートソースは和牛独特の香り高い脂がアクセントになって、ゴージャスなミートソースをいただいている気分になります。
 パスタと一緒に出てくるパンがまた絶品。しっとり、もっちりした食感のパンをパスタソースと一緒にいただくと、なんともいえない、いいお味。このパンでサンドウィッチをいただいたら、さぞ幸せだろうなと思いながらいただきました。

 実は、16時頃とランチでもディナーでもない中途半端な時間に行ったのですが、なかなか美味しいものがいただけて大満足でした。ランチタイムにはサンドウィッチプレートがあるようなので、今度は普通のランチタイムに行ってみたいですね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京 税理士 浦田先生    浦田泉税理士事務所
      浦田 泉 税理士
     東京都千代田区二番町
     1−2 番町ハイム218
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

景気回復時に起こる倒産-1

浦田泉税理士事務所 (東京都 千代田区)
------------------------------------------------

景気回復時に起こる倒産-1

 ようやく、中小企業にも、景気が回復してきたな、と感じることが増えてきた今日この頃。しかし、景気が回復するときによく起こるのが「倒産」です。景気がよくなっているのになぜ?と思われる方も多いのではないでしょうか。今日は景気回復時に起こる倒産のメカニズムについてお話いたします。企業にとっては「死」に等しい倒産。2回シリーズの予定です。

 景気が回復して売上が増加していくときは、新しい従業員を雇ったり、設備投資を行ったりして運転資金が増加します。この時、資金が潤沢であれば問題はないのですが、売上以上に運転資金がかかってしまい、資金ショートにより倒産するケースがあります。
 いわゆる「黒字倒産」と言われる倒産も同様に資金の手詰まりにより倒産するケースです。売上債権の回収が支払債務や借入債務の返済、運転資金の支払などに追いつかず、財務諸表上は黒字であるにもかかわらず倒産に至るのです。

 最近、このような兆候が表れだしたような感じを受けますので、要注意です。景気がよくなったらば得意先が倒産した、では会社の経営に大きな影響を与えかねません。自社も倒産の危機にさらされる可能性だってあります。
 こういった事態を避けるには、得意先へ出入りしている営業社員が、普段の訪問の際に「おかしいな」と感じることが重要なのです。

 では、倒産の兆候はどのように表れてくるのでしょうか。具体的な兆候としては「資金繰りが困っている」ということなので、支払いに関して、以下のようなことが表れてくるはずです。
(1)支払い条件の変更の申し出
(2)支払い延期の要請
(3)支払手形のジャンプ
(4)手形決済銀行や小切手の決済銀行の変更
 これ以外でも、支払条件を良くするために安売りを始める、というようなこともあります。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京 税理士 浦田先生    浦田泉税理士事務所
      浦田 泉 税理士
     東京都千代田区二番町
     1−2 番町ハイム218
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

2008年04月25日

TAC-MATCH成約企業インタビュー       不動産賃貸業 A様(大阪府)

〜ご利用者インタビュー〜
女性
不動産賃貸業 A様 (大阪府) 
           
簿記の経験があるA様。
青色申告をすべて自分で行うのは困難となり、
税理士にお願いすることに。
TAC-MATCHで税理士をご紹介させていただ
  きました!
  

                                 
TAC   この度は、TAC−MATCHをご利用いただきましてありが
     とうございました。
      まず始めに、顧問税理士を探そうとお考えになったきっか
     けをお教え下さい。

A様   不動産業を営んでおり、前年度までは白色申告を行って
     いました。
      簿記の経験がありましたので白色申告はすべて自分で
     行っていましたが、平成19年度分からは、事業を拡大した
     こともあり青色申告で行うことにしました。
      簿記の知識といっても部分的なものであり、青色申告と
     なると貸借対照表の作成まで必要となってくる為、すべてを
     自分で行うのは難しくなり、専門家である税理士へお願い
     することを考えました。

TAC   専門家である税理士に任せてしまった方が安心です
     ものね。
      ところで、複数ある税理士紹介サイトの中からなぜ
     TAC-MATCHを選ばれたのですか?

A様   自身で経理の知識を深めるか、税理士を探してみるか
     検討していたところ、知人に「TAC-MATCH」という
     税理士紹介サイトがあることを聞きお願いすることにしま
     した。

TAC   TAC-MATCHでは、直接税理士とご面談いただき
     お客様のフィーリングに最も合う税理士を決定する
     システムですが、顧問税理士を決定するに当たり、その
     選択基準・理由はどこにありましたか?

A様   紹介いただいた税理士さんは、年齢も近く大変話しやす
     かったです。
      お会いした時に信頼できる印象を受け、色々な相談に
     乗っていただけると感じ顧問契約を結びました。
      信頼できる、話しやすい、相談しやすいことが選択基準と
     なりました。

TAC   税理士とは長い付き合いになりますから、そのような要素
     も重要ですよね。
      では、今後、顧問税理士に特に期待されていることは
     ありますか?

A様   税務の指導から相続税の相談など、税務全般に
     ついて主に相談に乗っていただけたらと思います。

TAC   最後になりますが、TAC−MATCHを利用になられての
     ご意見をお聞かせ下さい。

A様   依頼してからの流れがとても俊敏でした。
 
TAC   本日はお忙しいところありがとうございました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
その他のお客様の声
  ↓ ↓ こちらからどうぞ!




経営者を目指せ 株式会社設立入門編 その6

●定款の作成 第5回
定款作成上、必要な事項を以下の順で確認して
いきましょう。

 _饉厂勝幣号)
 ∋業内容(事業の目的)
 K榲構蟶瀉蓮碧榲垢僚蚕蝓
 せ駛楸癲焚饉卆瀘時における元手)
 ソ仍饉圈奮主)の出資割合
 Σ饉厂魄
 Х荵仔

 今回は、せ駛楸癲焚饉卆瀘時における元手)について
見ていきます。

 せ駛楸癲焚饉卆瀘時における元手)
  会社法の施行により、株式会社を設立するには1千万円の
  元手が必要になるという最低資本金制度は撤廃され
  ました。
  これにより、資本金1円の株式会社の設立が可能となり
  ました。
  すなわち、誰もが、株式会社を作り、社長になることが
  できるようになったのです。
  
  ただし、資本金は登記簿謄本に記載されますから、ある
  程度の資本金があった方がよいでしょう。
  資本金はその会社の運転資金、自己資金であって、会社
  の規模や信頼性を示すものですから、さすがに資本金1円
  では、取引先が相手にしてくれない可能性があります。
  
  当面の運転資金、将来の増資や信頼性も踏まえて適切な
  金額を決定する必要があるでしょう。

   
<現物出資とは>
 現金で出資をするのが一般的ですが、現金以外の財産を
 もって出資することも可能です。
 現金の代わりに自動車を出資したり、パソコンを出資
 したりすることができます。これを現物出資といいます。
 
 現物出資は金銭の出資と異なり、その財産が正しく評価
 されているのかどうか、わかりづらいという問題があります。
 評価の方法があいまいだと金銭出資をした株主と現物出資を
 した株主との間に不公平が発生します。
 
 これを解決するために、現物出資があった場合には、裁判所
 が選任した検査役による調査を受けることが必要となります。
 ただし、検査役の調査を省略できる場合もあります。

 ※ 検査役の調査を省略できるケース
 少額財産など一定の条件を満たす場合には、検査役の
 調査を省略することができます。
  イ 現物出資財産の価額の総額が5百万円以下の場合
  ロ 定款に記載された現物出資財産の価額が相当である
   ことについて、税理士、税理士法人等の証明を受けた
   場合

                        つづく。。。

                   税理士 小林 正人 著


<経営者を目指せ 株式会社設立 入門編>はこちら


★☆ 顧問税理士をお探しの方はこちら ☆★
あなたにぴったりの税理士を無料でお探しします
≫≫≫http://pronet.e-tac.net/




オススメ店「おがわ」                (東京都千代田区)

浦田泉税理士事務所 (東京都 千代田区)
------------------------------------------------

オススメ店
「おがわ」
(千代田区麹町)

 新宿通り沿いにある和食のお店です。お店は地下1階にあるため、入り口を探して入る・・・という感じです。看板のみの入り口には特にメニューも出ていないため、勇気を奮って(笑)階段を下ります。
 店内は、10席程度のカウンターと座敷のみ。通な常連さんがかようお店の雰囲気が漂っていて、一見さんの私はややたじろぎ気味でした(^_^;)。
「おがわ」(浦田先生)
 メニュー、といっても手書きのメモ帳のようなものを見ると、6種類の魚定食メニューが書いてありました。日によってメニューが変わるそうです。メニューを見ても値段は明記されておらず、不安がよぎります。とりあえず鯛の塩焼きをオーダー。
 と、ここまでは緊張ムード満点(?!)のお店ですが、ここからが圧巻。ご亭主が鯛を取り出したかと思うと串刺しにして豪快に焼き始める!出てきた鯛は、塩焼きとは思えないほどふっくらした食感。予算やら雰囲気やら、細かいことを気にしていた自分は何だったのかしら、と思えるほど至福のお味を楽しみました。
 これでお値段2,500円。ランチとしては結構なお値段ですが、あの鯛をいただいたのならばノープロブレム、実に満足感の高いランチを堪能しました。

 うわさによると、ご亭主は有名な日本料理店で修行した職人さんだとか。雰囲気的にディナーのほうが楽しめるかもしれません。ただし予算は1万円以上・・・大きな仕事をしたらば、打ち上げにいきたいお店です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京 税理士 浦田先生    浦田泉税理士事務所
      浦田 泉 税理士
     東京都千代田区二番町
     1−2 番町ハイム218
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

信用保証協会の保証割合が80%に

浦田泉税理士事務所 (東京都 千代田区)
------------------------------------------------

信用保証協会の保証割合が80%に

 2007年10月に信用保証制度が改定され、信用保証協会の保証割合が80%に縮小されました。
信用保証制度とは、中小企業者が金融機関から事業用資金を借りる際に、全国52の信用保証協会が保証人になってくれる制度です。
 信用保証協会が保証人になってくれることで、金融機関は安心して中小企業に融資することができます。中小企業は所定の信用保証料を保証協会に支払う必要があるものの、いわゆる「貸し渋り」にあったり、慌てて保証人を捜さなくてはならない、などということが少なくなりました。

 2007年10月の改定により、これまで信用保証協会が100%負っていた保証責任を、信用保証協会(80%)と金融機関(20%)で共有する「責任共有制度」が導入されます。これまで、信用保証協会の保証割合が100%であったため、金融機関の貸し出しリスクはありませんでした。しかし、10月の改定により金融機関は20%の貸し出しリスクを負うことになります。
 ただし、「責任共有制度」と同時に「小口零細企業保証制度」も導入されます。この制度は従業員が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の法人又は個人に対して、融資残高1250万円まで保証協会が100%保証する制度です。小口零細企業については責任共有制度の弊害を受けないよう配慮されたのです。

 とはいうものの、「責任共有制度」によって、金融機関の貸し出し審査は厳しくなることが予想されます。また、先日行われた日銀の「利上げ」の影響などによって金融機関の貸し出し金利が上昇傾向にあります。再度の利上げが実施される可能性もあります。中小企業にとって金融機関からの資金調達が厳しい状況になる恐れがあるので、注意が必要です。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京 税理士 浦田先生    浦田泉税理士事務所
      浦田 泉 税理士
     東京都千代田区二番町
     1−2 番町ハイム218
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    税理士ブログのトップへ戻る

QRコード
QRコード