2007年07月

2007年07月27日

〜税理士インタビュー〜第3弾 大保 久哉先生

〜税理士インタビュー〜

第3弾
 
TAC-MATCH 第3弾 大保久哉税理士事務所 大保久哉先生
大保税理士事務所
 
代表 大保 久哉 税理士

     
大保税理士事務所では
お客様の要望に早く応える
ことが最も大切な事だと考
えております。

お客様の要望に早く対処すれば、
お客様に喜んでもらえます。
それは私たちの活力につながります。
これがお客様と私たちの良好な関係であると考えております。

                                       
東京税理士会所属の大保 久哉税理士に税理士業務についてお話を聞かせていただきました。                      
                                 
Q1 事務所の経営理念をお聞かせください。

大保税理士
 ――税理士という仕事を通じて、「魅力的で豊かな、そして
  安心して暮らすことができる社会」を目指すことです。
  企業でも利益追求が最終目的とはなりません。最終的に
  社会貢献できる事務所を目指しています。


Q2 事務所の雰囲気というのはどのようなもので
  しょうか。


大保税理士
 ――とてもきれいで明るい事務所です。また従業員は女性
  だけです。仕事は自らで作り上げていくものという所長
  の考えから、あまり細かい指示はなされません。自発的
  に、自己責任のもと自由に仕事を行っているといった雰
  囲気です。服装も自由です。当事務所にはサービス業の
  お客様が多いですがこの雰囲気がデザイナーや芸術家な
  どの自由業に向いているのだと思います。


Q3 現在の業務内容についてお聞かせください。

大保税理士
 ―― 飢餬廖巡回監査業務
      企業の経理・会計相談業務
      記帳代行業務
      経理システム構築業務
      会計ソフト入力指導業務
      経理・会計スタッフ派遣業務

     鏡婆涯般柿竿
      企業の税務相談・税務代理・
      税務申告業務
      (法人税・消費税・所得税・
             相続・贈与税)
      タックスプランニング業務

     啓匆駟欷院ο働保険業務
      社会保険申請・申告業務
      労働保険申請・申告業務
      労務管理や年金相談

     献灰鵐汽襯謄ング業務
      新規開業コンサルティング
      人事コンサルティング
      企業再編コンサルティング
      生命保険コンサルティング
      情報セキュリティコンサルティング
      法務局へ提出する資料作成業務


Q4 どのような相談・解決ができますか。

大保税理士
 ――企業経営者に対しては、会計帳簿をつけ、法人税の
   申告をするといった本来の税理士業務のみならず、経
   営に付随するさまざまな問題の解決を、弁護士や司法
   書士、コンサルタントなどの提携専門家と一緒になっ
   て行っていきます。

    個人のお客様に対しては、個人の確定申告はもとよ
   り相続、贈与税の申告といった一生に数回しか起こら
   ない大切なことまで、時間をかけて分かりやすく丁寧
   に指導します。


Q5 税に関して、どのような分野があり、どういう
  分野で相談できますか。


大保税理士
 ――所得税や相続税・贈与税などの
   個人にかかる税金の分野
   法人税や消費税などの
   会社にかかる税金の分野
   に対応しています。


Q6 お客様にサービスする際に心がけていること
  を具体的に教えてください。


大保税理士
 ――専門家にありがちなことですが、難しい言葉を多用
   して説明することはしないように心がけています。

    この場合、多角的にそして時系列での説明となりま
   すので、分かりやすいとの評判をいただいています。

    その結果、お客様に安心して業務を任せてもらうこ
   とが可能となります。ただしお客様の情報や財産を利
   用して不要な対策をすすめるようなことは決していた
   しません。不必要なサービスを提供することはありま
   せん。


Q7 どのような方法で企業をサポートしているので
  しょうか。


大保税理士
 ――この7年ほどの間で、会計業界は大きく変わったと言
   われます。ITの導入で業務の効率化が図られ、M&A
   が進みなどといわれますが一方では古くからの業務の
   進め方を地道に守り、規模を拡大しているところも多い
   のです。
    当事務所も基本は変わりません。お客様に会い、話を
   聞き、問題を解決する。早く、確実にということです。
   これは古くからのこの業界における業務の進め方です。
    これを手助けするのがITであり、業務提携などで
   あったりするのです。



Q8 これまでに、特に印象に残ったお仕事をお聞
  かせください。


大保税理士
 ――年商1億ほどの同族会社が約3年間で年商50億ほど
   に急成長したこと。開業していきなりこの企業を顧問
   先としてもちましたが当時30代前半という若い時分、
   多くの人々に会い税理士としての自らの見識不足を痛
   感しました。
    この企業を通して多くの経験を積み、古くからの親
   友と仕事もしました。大失敗も経験しましたが、失敗
   を経験することが、事務所経営者の能力向上に不可欠
   であることを学ぶことができました。


Q9 事務所としての将来のビジョンをお聞かせくだ
  さい。


大保税理士
 ――事務所所在地の渋谷区にはサービス業の法人が多数
   ありますが、地の利を活かしてサービス業を中心と
   した事務所として規模拡大を目指していきたいと思
   います。


Q10 経営者の方へのメッセージをお願いします。

大保税理士
 ――中小企業にとって良い(しっくりいく)税理士を選ぶ
   ことは、企業の成長にとって不可欠です。昔は「医者
   と税理士とは喧嘩するな」と中小企業経営者の中で
   言われていた時代もあったようですが、今でも使える
   言葉のようだと私は思っています。

    使える税理士さんは本当に役に立ちます。
    そんな税理士は顧問先の役に立って喜ばれること
   を生きがいにしているからです。
    本当にがんばります。
    (お医者さんも基本的には同様かと思います)

    当事務所の顧問先は、結果的に長期契約になって
   おり、年々業績を伸ばしています。

    皆様といいお付き合いを展開していけることを希望
   しています。

    お気軽にご相談下さい。



2007年07月13日

〜税理士インタビュー〜第2弾 菅 俊晴先生

〜税理士インタビュー〜

第2弾
 
TAC-MATCH 第2弾 菅俊晴税理士事務所 菅俊晴先生

菅俊晴税理士事務所
 
代表
   菅 俊晴 税理士

     
安心と信頼のサポート
あなたの会社の最高の経営パートナーに

                                          
近畿税理士会南支部所属の菅 俊晴税理士に税理士業務についてお話を聞かせていただきました。                      
                                 
Q1 事務所の経営理念をお聞かせください。

菅税理士
 ――・お客さまとともに繁栄する
    ・働く者の豊かさを実現する
    ・高い品質を追求する


Q2 事務所の雰囲気というのはどのようなもので
  しょうか。


菅税理士
 ――リラックスでき、常に落ち着いて仕事に集中できる
    環境です。


Q3 現在の業務内容についてお聞かせください。

菅税理士
 ――・法人及び個人事業者の決算税務申告
    ・相続税の申告
    ・給与計算、年末調整代行
    ・予算・経営計画づくりの支援
    ・税務調査の立会い
    ・業務合理化の支援
    ・パソコン会計等IT導入のアドバイス
    ・その他経営全般に関する相談など


Q4 どのような相談・解決ができますか。

菅税理士
 ――当事務所では、税務会計業務だけではなく、中小企業
    の経営を総合的な観点からサポートしております。
    現在、特に力を入れているのが、創業期のワークフロー
    の立案、業務の合理化、予算・経営計画の導入による
    企業経営のバックアップ業務です。


Q5 税に関して、どのような分野があり、どういう
  分野で相談できますか。


菅税理士
 ――法人税・所得税・消費税については、節税策の検討や
    税務トラブルの事前予防を行なっております。
    資産税(所得税・相続税・贈与税)については、
    事前対策やシミュレーションの立案、事業承継対策
    などを行なっております。


Q6 お客様にサービスする際に心がけていること
  を具体的に教えてください。


菅税理士
 ――まず、難しい専門用語はなるべく使わないように
    しています。1つのことを説明する際には、お客さま
    の反応を見ながら、少しずつ言い回しを変えるなど
    して、理解を確かめながらお話をするようにしてい
    ます。


Q7 どのような方法で企業をサポートしているので
  しょうか。


菅税理士
 ――当事務所のサービスはお客さまの数だけ存在します。
    それぞれの会社にとって必要と思われるサービスを
    ご提案し、それにお客さまの要望を組み合わせて
    完全オーダーメイドのサポートプランを提供して
    おります。


Q8 これまでに、特に印象に残ったお仕事をお聞
  かせください。


菅税理士
 ――お客さま(会社社長)が急病で倒れ、資金繰りなどの
    スポット業務で会社の事務に入ったことがあります。
    行きがかり上、現場の受注手配などもせざるを得ず、
    従業員の方々と相談しながらなんとかこなすことが
    できました。そのときの経験ですが、現場に入って
    みて初めて、お客さまの会社の事業内容について肌で
    理解することができました。そして、「現場を知らな
    ければ、お客さまの感覚が理解できない」ということ
    を教えられました。


Q9 事務所としての将来のビジョンをお聞かせくだ
  さい。


菅税理士
 ――企業とその経営者の財務をトータルサポートすることに
    より、経営者の生涯にわたるバランスのとれた事業経
    営と、財務運用の相談及び企画提案を目指しています。


Q10 経営者の方へのメッセージをお願いします。

菅税理士
 ――お客さまの企業の発展は、私たちの商品価値を測る
    指標であると考えます。
    互いに成長しあえるWIN=WINの関係を紡い
    でいきたいと願っております。



QRコード
QRコード